Make your own free website on Tripod.com

鬼兵般家長



DIE19話 今すぐ鬼ス・ミー 〜うぉう・うぉう〜

 

究極召還獣CHIZURUの魔手が迫る!

グワシッ・・・・。

 

「ひぃぃ〜〜〜っ!!」

 

俺は頭を鷲掴みにされ、そのまま

プラ〜ン・・・・。

宙ぶらりん状態。

 

「・・・・・ふふふ。捕まえた。」

 

ミシッ、ミシッ・・・・。

 

掴まれた頭が嫌な音を立てる!

 

「イ、イタイイタイィ〜〜〜ッ!!」

 

「耕一ぃぃさぁぁ〜〜〜ん・・・よくも・・・私にをかかせてくれましたねぇ・・・・。」

 

「は、はぁぁっ!!ち、ち、千鶴さんっ!ま、待ってくれ!話せば分かるっ!」

 

「わ・た・し・と・め・お・と・じゃ・ふ・ま・ん・な・ん・で・しょ!?」

 

ミシシッ、ぺきゃ♪

 

ほわっ!?ず、頭蓋骨がぁ!?割れちゃう割れちゃうっ!!」

 

「いいんじゃないんですか?一度デフラグしてすっきりすれば?

 なんでしたら、私がパーティション切りましょうか!?

 

「だ、だからぅっ!け、け、け、ケコーンは、飛躍しすぎなんですぅぅ〜!」

 

「・・・・あら、こんなところにボールがあったわ♪」

 

「ッ!?」

 

「なんかぁ〜、ちーちゃん〜、無性にボールと御友達になりたくなっちゃったぁ〜♪」

 

「やややややっ!やめてクリ〜!本気で頭蹴られたら〜狂牛病になっちゃうぅぅ!!」

 

「・・・・・・。」

 

「ほ、ほら、千鶴さん!今俺を殺したら柏木本家が途絶えちゃうよぅ!」

 

「・・・・人聞きの悪い事言わないでもらえません?」

 

ぺきゃ♪ぷちゅ♪

 

「あわらっ!

 ぷ、ぷっちんぷりんっ!!」

 

「・・・・この際・・・はっきり聞きましょう。耕一さん、誰が好きなの?」

 

「は、はい!?」

 

「正直に答えなさい。私達姉妹の誰が好きなんですか?」

 

「はぁ!?」

 

・・・・・全員どちらかと言えば、キライなんですけどぅ!!

って言いますか、なんであんたらしか選択死がないんじゃ?

 

「さぁ・・・・答えなさい。はっきりさせましょう!」

 

「・・・・・・・・・うぐぅ。」

 

みんな好きなんて常套文句、通用しませんから!」

 

「・・・・・・・・・ふぁ?」

 

・・・・お前、勝手にゅ。

 

「さぁ!答えてよっ!耕一さん!」

 

「・・・・・・・ちゃん。」 ぼそっ

 

「ッ!?なんですって、もっと大きな声で!」

 

「・・・・・・ねちゃん。」 ぼそぼそっ

 

「・・・・・・ね?・・・・・・・ま、まさか・・・・耕一さん・・・・・・

 あなた・・・・・・そんな・・・・・。

 やっぱり、だったのねぇぇ〜〜〜!!!!」

 

「だ、誰がそんなマニアックな趣味っつった!」

 

初音だなんてっ!そんなっ!あんなどう見たって小●生の妹が好きだなんてっ!

 耕一さんっ!見損ないましたぁ〜〜!!」

 

アオォォォーーーーーーン

 

と、獣ように咆哮する千鶴さん。

シンクロ率は400%を飛び越え、もはやいつ俺に喰らいかかっても不思議ではない

初号機CHIZURU(ダミープラグ挿入済み)!

結局のところ柏木4姉妹の選択肢のうち、明らかに3つはバッドエンドじゃないのか?

 

「ち、ち、違います!千鶴さん!俺、初音ちゃんなんて言ってませんっ!」

 

「嘘っ!さっき確かに『・・ね』って聞こえましたよ!

 

「いや・・・だからそれは・・・。」

 

「なんですかっ!もうじれったいっ!もっと大きな声で言って下さいっ!」

 

「いや・・・だから、その・・・・とねちゃん・・・。」

 

「・・・・次、はっきり言わなかったら・・・殺します。」

 

「・・・・・・琴音ちゃん。」

 

・・・・・・・・・・。

・・・・・・・・・・。

 

ひゅううう〜〜〜〜〜〜〜。←北風

 

「・・・・・・・・・・・。」

 

「・・・・・・・・・・・。」

 

「・・・・・・・・・・・誰です、その女?」

 

「・・・・・・・・・・・いや、俺の好きなゲームのキャラっす。」

 

・・・・・・・・・・。

 

・・・・・・・・・・。

 

「おちょくっとんのかぁぁ〜〜〜!!」

 

ドバキャッ!!

 

バキァッ!!

 

ドスッ!!

 

グシャッ!!

 

「とうはとっっ!!

 コイシテ、シニタイッ!!」

 

千鶴さんの本気のデンプシーロールをくらって、昇天寸前の俺。

って言うか、あまりにもしこたま殴られつづけているので、足が地面についていません。

もう・・・・死ぬな・・・・俺・・・・・。

その時、空からまばゆい光が見えたので、

あぁ・・・・お迎えが来たんだ。と本気で悟った。

 

ビィィィーーーーー!!!

 

ゴガガガガガガッ!!!

 

突如空から降り注いだ強力な光線が、地面をえぐりながら千鶴さんに迫った。

 

「ッ!チィッ!!」

 

ババッ

 

千鶴さんは紙一重でそれを避ける。

 

バタッ

 

俺はそこでようやく地面に倒れられた。

千鶴さんは更に迫るレーザー光線を避けつつ、空を睨みつけた。

 

「初音の頭脳戦艦かっ!!」

 

『千鶴っ!いい加減にしやがれっ!!」

 

ゴウンゴウン

 

柏木邸の上空100メートルあたりには、前世の初音ちゃんが遺したとされる

頭脳戦艦ヨークが現れていた。

 

 

※ここで楓ちゃんのちょこっと解説♪

「・・・・・・・・・チャオ。楓です。・・・・頭脳戦艦ヨークについて御説明します。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ヨークは前世の初音が使用していた時空間湾曲船で、

 ・・・・・・・・・・・・・・普段は初音の頭の中で具現化されるまで待機しています。

 ・・・・・つまり、初音の意思次第でいつでも現空間に出せる戦艦なのです。

 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・直径、重量、形成金属・・・・一切不明という事です。

 ・・・・・・・まぁ、ぶっちゃけ4次元ポ●ットならぬ4次元戦艦ですね♪

 ・・・・・・・ちなみに頭脳戦艦ガルとは一切関係ありませんので御了承下さい。
 

 ・・・・・・コンティニューUコンのマイクにむかって
 

 ・・・・・・√1万回「バンゲリングベイ」と叫んで下さい。
 

 ・・・・・・・ちなみに面セレは↑↑↓↓(゚д゚)です。
 

 ・・・あ、あと、気になるヨークの代金は、なんとたったの1919億6969万円ジャストです。
 

 ・・・・・分割は月々たったの6兆円。お申し込みは・・・・・
 

 ・・・・大阪ゼロ〜ロクゥ〜♪ゴ〜ハチヨンの〜♪

 ニニニ・・・・・・・・・・」

 

ブツン!

 

・・・・・解説ありがとう楓ちゃん。

 

ゴウンゴウン

 

ヨークの主砲が一斉に千鶴さんに向けられている。

 

「・・・・初音、こんな事を御姉様にして、ただで済むと思ってるの?」

 

『やかましいっ!千鶴、もう止めやがれっ!

 そんな気合の入ったパンチ食らわしてっと、耕一お兄ちゃんが死んじまうぞ。』

 

「これは愛のムチなの!邪魔しないでっ!」

 

『っつーか、さっきから話を聞いてたんだけど・・・テメェ・・・鶴来屋で何しやがった?』

 

「・・・・お、おほほほ。なんの事かしらねぇ〜?」

 

『どう考えても・・・・抜け駆けしたんじゃねーのかよ!?』

 

「あ、あらっ!御姉様がそんな事するわけ無いでしょ♪」

 

・・・・・ザッ

 

「へぇ、ちょっと、それは私もじっくり聞きたいねぇ・・・。」

 

瀕死の俺がなんとか目線を上げると、そこには・・・・・

ウォーズマンの様な表情の梓が立ちずさんでいた。

 

「ッ!!あ、梓っ!」

 

『あら、お早いお帰りで・・・・。』

 

「・・・そりゃこんだけドンパチ騒がれたら、駅前からでも目立つっつーの!」 ビキィビキィッ!

 

「あうぅぅ・・・・あ、梓さまぁ・・・・。」

 

「ッ!!あらら!耕一・・・・こりゃまたえらい男前に・・・・。」

 

梓は千鶴さんと初音さんと一瞥すると、冷ややかな声で

 

「・・・・・・初音は今すぐ、ヨークを戻しなさい。

 ・・・・・・・それと、姉鬼は急いで正面玄関、中庭の片付け。

 ・・・・・いい加減にしろよ・・・・こっちは楽しく遊んでたのによ!

 

怒っていらっしゃる・・・・。

家事全般を取り仕切っていらっしゃる梓さんの御言葉は・・・・

もはや千鶴さんの家長権限などは全く通用しないのだろう・・・・。

 

「・・・・・はい。」

 

『・・・・・了解。』

 

急に千鶴さんはSDキャラの様にしおらしくなり、そこらのガレキを集め始めた。

初音ちゃんもしぶしぶ、ホウキで掃除を始めた。

 

「よっと。」

 

梓は倒れている楓ちゃんをおんぶすると、屋敷の中に連れていった。

 

「あ、耕一。御免、あたしちょっと楓の調子見っから、それまで怪我の治療待っててくんない?」

 

「は・・・・はぁ・・・・。」

 

改めて思うが・・・・梓ってある意味一番、母親っぽいのではないだろうか。(汗)

あ、あと・・・・待っててって言ったけど・・・・・。

 

骨が折れてて動けませんが・・・・。

 

 

(人は彼女を、ヴァーチャファイターと呼んだ・・・・。)