Make your own free website on Tripod.com

鬼兵般家長


                                                           うた
DIE21話 鬼みの名は・・・ 〜鬼けっ!わだつみの声〜



翌朝、千鶴さんは朝食の席でこう切り出した。

 

「あの、よかったら今日、鶴来屋のレストランでみんなでランチでも食べない?」

 

「はぁ?なんだよ姉貴突然・・・。」

 

「・・・・・・・もぐもぐ。」

 

「おねーちゃん、それって鶴来屋の下の高級レストランの事?」

 

・・・昨日散々大騒ぎしたので、その御詫びだろうか?

まぁ、鶴来屋でランチなら千鶴さんも仕事の合間に来れるだろうからな。

 

「耕一さん、どうです?」

 

「あぁ、俺はいいっすよ。でも鶴来屋のレストランって結構高いんじゃぁ?」

 

「ふふふ、それは心配しなくてもいいですよ♪

 ね?梓。たまにはみんなでお昼を食べましょうよぉ。」

 

「ま、アタシは別にいいけど・・・。」

 

すると楓&初音ちゃんのスーパー魔裏汚ブラザーズが・・・・・。

 

「そういえばぁ〜、この間、南隆山に出来たフランス料理店って超人気なんだよぉ〜。」

 

「・・・・・・・・・・駅前のイタリア料理店の『コスタ・デル・ウバシァ』もいいかも・・・・。」

 

「鶴来屋の古臭いレストランなんかやめて、4人で行かないぃ〜?」

 

「・・・・・・そうね、4人で行きましょうか。」

 

・・・・・この二人は・・・・。

 

「あ、あ、あ、あんた達っ!なによっ!

 そのあからさまな態度はぁ〜!」

 

ダンッ!

 

ちゃぶ台をしばく怒りのちーちゃん。

 

「あ、姉貴、朝から怒るな・・・!

 ・・・いいじゃん、2人とも。せっかく姉貴が提案してんだし。」

 

「だってぇ〜〜、ねぇ〜〜〜〜?」

 

「・・・・・あからさまに御機嫌伺ってるし・・・・。」

 

ま、まずい・・・千鶴さんがわなわなと振るえている。

と、とにかくフォローと入れないと・・・またとばっちりが!

 

「お、俺は是非行きますよっ!鶴来屋の高級レストランはここ何年も行ってませんから!」

 

「あら♪そうですか!分かりました。じゃあ3名で予約入れときますね♪」

 

「まてや、ゴルァ!」

 

「・・・・異議あり。」

 

「・・・何?貴方達はフランス料理なりイタリア料理なり

 2人で食べにいくんでしょ?」

 

千鶴さんが冷たく言い放つ。

 

「お兄ちゃんが行くんなら、私も行くも〜ん♪」 ぺぺろろ〜

 

「・・・・・・・当然の帰結。」 しれっ

 

飽く迄冷静に切り返すスーパー魔裏汚ブロス。

う〜ん、将来が恐ろしい・・・。

結局、12:30に鶴来屋のロビーで待ち合わせという事になった。

約束の時間の20分前に着いてしまった俺達は、待ち合わせ時刻まで時間を潰していた。

楓ちゃんはロビーのソファに座り、何やら雑誌を読んでいる。

何を読んでるのか聞こうとしたが、ちらりと「ムー」とかいう名前が見えたので放置。

初音ちゃんは・・・・何故ベビールームで遊んでるんだ・・・・?(汗)

梓はどっから持って来たのか?レストランの御品書の値段を見て青ざめている。

・・・・ホントにそこらの主婦と一緒だ。

俺は特にする事もないので、そこらをぶらぶらしていた。

・・・・・・・・・ふ〜ん。

・・・・・・・・・・相変わらず繁盛してるな。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・あ、あれ?

ふと、ある女性の後姿が目に入った。

ッ!!

俺は急いで今見えた女性に向かった。

だが、すぐ奥にエレベーターがあり、丁度扉が閉まったところだった。

既にそこには誰もいない。

 

「あれっ!?さっきの女の人って・・・・。」

 

「おーい、耕一!来たぞー!」

 

「あ、あぁ今行く!」

 

仕方なくロビーに戻ると、千鶴さんが来ていた。

 

「御待たせしました♪さ、行きましょ♪」

・・・・・・・・・ま、いいか。

俺は4姉妹と一緒にレストランに入った。

昼のレストランはバイキング方式になっており、高級食材をふんだんに盛り込んだ

とてもゴージャスな内容だった。

・・・・・・・が。

 

「耕一さん♪ローストビーフは如何ですか?」

 

「お兄ちゃん♪このサーモンマリネすっごく美味しいよ〜。」

 

「・・・・・・・・はい耕一さん、あーん。

 

「耕一ぃ、何がいい?取ってくっから。」

 

・・・・・・・・。

待て。

これって、確かバイキングだったよな?

俺は柏木バイキング(海賊)に優雅な昼食を略奪されてる気分で一杯だった。

 

・・・・って言うか、好きに食わせてくれっ!!

 

他の客の視線が激しく痛いのも、恥ずかしい事この上ない。

散々あれこれ皿に盛られた上、さらにデザートまでこの勢いでいきそうだったので

たまらず俺は撤退。

4姉妹は・・・さすが女の子って言うか、デザートは別腹なんだな。

 

・・・・・・・・・ケーキを奪い合いしている・・・。

 

うがぁぁ〜〜!!

 

ガルルルル!

 

恥ずかしくて情けなくて・・・・恨っんだっ夜ぅ〜♪

 

俺は鶴来屋の庭園に一人で佇んでいた。

 

ザザ〜ン

 

近くの海から波音が聞こえて来る。

 

・・・カッコーン

 

庭園の獅子おどしの音が聞こえる。

 

・・・・ふっ

 

俺の視界が急に暗くなると・・・・って、えっ!?何だっ!?

 

「だ〜れだ♪」

 

「は、はぁ!?えっ!嘘っ!?」

 

「ふふふ。さて、私は誰でしょう?」

 

「いや、・・・そりゃ声で分かるけどさっ!でも・・なんで?」

 

「ぶぶー。柏木耕一くん時間切れで〜す。」

 

ぱっ

 

視界が明るくなる。

塞がれていた両目が自由になったので、改めて背後の人物へと振り返る。

・・・・・・・どきどきどき。

さっきまで温泉に入っていたのだろうか?浴衣を着ている女性。

曇っているメガネを少しずらしてかけているが

とても知性的で優しそうな笑顔。

俺の見知っている女性そのものだった。

 

「やっほ〜♪」 

 

「ゆ、ゆ、ゆ、由美子さんっ!!

 ・・・・は、はぁっ!?な、なんでっ??」

 

 

(I Only Want to See You Laughing In The Purple Rain)