Make your own free website on Tripod.com

鬼兵般家長


                                                           
DIE32話 グラップラーバ鬼ッ! 〜この男、独善的!!〜



「ゲッハハハハハ!!」

暴徒と化した俺は、商店街のテナントの屋根という屋根を飛び移って

一路憎き事の元凶、鶴来屋へ向かった。

・・・・・とりあえずの足立のジジィは死刑確定。

・・・・・・・・・・・・。

 

「待ちなさいっ!!」

 

背後から千鶴が追いかけて来やがる。

ったく、しつこさだけは遊鬼汁死級だな!

よし、ここでいっちょう遊んでやるか?

俺はとあるテナントビルの屋上で立ち止まると

後ろを振り返ってふてぶてしい態度で千鶴が来るのを待った。

 

「ハァッ・・・ハァッ・・・こ、耕一さんっ!!」

 

「おっそ〜いよん。千鶴すわぁん♪俺待ちくたびれちまったよ〜。」

 

「は、早まらないで下さい!鶴来屋には沢山の宿泊客がいるんですよ!!」

 

「は?知らねーよ。ぶぁか。

 それよりもさぁ〜前から言いたかったんだけどさぁ〜。」

 

「な、何ですか?」

 

「オメーの料理は何の錬金術だ?コラ。

 二度とテメーは作るんじゃねーよっ!!」

 

「・・・・エッ!?」

 

「エッ!?じゃねーっ!!ポイズンなんだよっ!!テメーのメシはっ!!」

 

「そ、そんな・・・・私・・・一生懸命・・・・う・・うぅ。」

 

うぅ。じゃねーっ!!プリンスかテメーは!?」

 

「・・・・・・・。」

 

「あ?まさか泣くんじゃねーだろうなぁ?」

 

「・・・・・・・・・ますます気に入ったわ・・・。」

 

「あ?」 (汗)

 

「素晴らしいわ、耕一さん。この私にそこまで言える貴方こそ

 ・・・私の夫にふさわしいわぁ♪

 

「ラ・・・ラリッてんじゃねーのか!?てめぇ〜!?」

 

「あなた・・・やはり私と結婚しなさい。」 にっこり

 

「死んでもするかっ!ヴォケ!!」

 

やはりこの女は一度ブチのめした方が正解だったぜ!

俺は拳に力を入れながら、ヤツににじり寄る。

 

「こ、耕一さんっ!お、女の子に手をあげるんですかぁ!?」

 

「黙れオニババッ!!こんな時だけブリッ子してんじゃねー!!」

 

「・・・・しょうがないですね。では力で愛を奪い取るとしましょうか。」

 

「・・・ククク、やってみろよ♪」

 

周囲の空気が滞る・・・・。

・・・・その刹那ッ!!

高速の中で行き交う拳と拳・・・。

・・・一瞬だけ、真っ赤に燃え上がるんだよ・・・。

そしてあとは・・・真っ白な灰だけが残るんだ。

ガッ・・・!!

俺は左手で千鶴の蹴りをつかみ、

千鶴は両手で俺の右手をつかんでいた。

 

「ほうっ?こんなへなちょこキックが姉さんの本気・・・

 

ッ!?

 

千鶴が居ないッ!!

ど、どこだっ!?どこへいったっ!?

・・・・。

 

!?

 

・・・・下だとぉ〜〜!!!

なんと千鶴は俺の真下に屈んでいた・・・!!

そして屈んだ体をバネにして一気に上昇すると・・・・。

 

ドバキィッ!!

 

「リキイシッ!?」

 

鬼のアッパーカット。

垂直に吹っ飛ぶ俺・・・・。

やったよ・・・H2ロケットよりも先に・・・打ち上げ成功したよ・・・。←?

ドシャァ

グハッ!?

 

「貴方のになるんですもの♪なめてもらっては困りますぅ♪」

 

「や、やるじゃねーか、唯のオニババじゃねーってか?」

 

スクッ

手を使わず、背筋で起き上がる。

体がゾクゾクしやがるぜ。

ゲヘヘヘッ!いいねぇ〜シブイねぇ〜♪

おたくまったくシブイよ〜♪

 

「ギャハハッ!愛してるぜぇ〜♪千鶴ぅ〜ッ!!」

 

「そうっ!なら今すぐ結婚してっ!!」

 

「するかっ!バカッ!!」

 

千鶴の攻撃を丹念に避けながら、懐に入ると

襟首を掴み、豪快に投げるッ!

 

「オリャァーー!!ぶっとべっコラ。」

 

「きゃっ!ちょ、ちょっとっ!!」

 

ヒュ〜〜〜〜♪

海沿いに向かって飛んでいく千鶴。

見たか?これが一流のトップアスリートが持つと言われる

『聖域』(ゾーン)の力だ。ククク。

そのまま郷土史博物館にでも飾られるんだな。ゲッハッハ!!

 

!?

 

『オラッ!!』

 

チッ

 

・・・・ハイエロファントか・・・?

 

「・・・・違います。楓です。」

 

ドドドドドドドド

 

いつの間にか俺の背後に立つ楓。

 

「ふん。俺の背後に立つとはな、少しだけ誉めてやるぞ、楓。」

 

「・・・・・野郎・・・DIO。

 

「流石は前世の俺の妻。その潜在能力は柏木家の中でも秀でてるな。」

 

「・・・・・・・。」

 

「・・・・!?ほうっ・・・あえて前へ出てくるか?

 折角、千鶴がチキンラーメンにお湯を入れて丁度3分経つか経たないかと

 いう時に、急にトイレに行きたくなったが、ラーメンがノビるので

 必死に我慢しながら爆発ギリギリまでそれを食ったような心境で

 

 俺の実力を体で証明してみせたにも関らずか?」

 

「・・・・出ていかないと、ダーリンをブチのめせないので・・・。」

 

「そうか、ならもっと前で出てくるがいい。」

 

ドドドドドドドドド

 

『オラッ!』

 

『無駄ァ!』

 

「・・・・・きゃっ!」

 

「ククク、貧弱貧弱ぅ。残念だよ楓。お前はあのサイコな趣味がなければ

 可愛いのにな・・・。もったいない・・・いや実にもったいない。」

 

「・・・・・ダーリン、じゃあチャネリングやめて、ダウジングにするから

 ・・・・・・・・・結婚して下さい。」 (ポッ)

 

「・・・どうして柏木姉妹っていうのは、こうも口の減らない輩ばかりなのだ?」

 

「・・・・・・ダーリンのケチ。」

 

「楓よ聞くがいい。ある人がいました。」

 

「・・・・・?」

 

「その人は誰にも本音を打ち明ける事が出来なかったのです。

 ・・・ところがある日、彼は電話で友人に告白しました。」

 

「・・・・・何をですか?」

 

「『・・・・・スマン、俺、隠してたけど楓萌えなんだよ。』」

 

し〜〜ん

 

「最終ラウンドだぁっ!!」

 

『オラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラオラリオタングラムッ!!』

 

『無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄無駄印愚羅無駄ァ!!』

 

ドッグォ〜〜〜〜ン

 

しゅううぅぅ

 

「ククク、パトレ●バーの方が一枚上手だったな。」

 

「・・・・耕一さん、何かWithテム●ンを凌ぎ切ったのは、貴方が始めてです。」

 

「そうか、俺が初めてか。」

 

「・・・・・特典として、楓ちゃんをお付けします。

 

「いりません。」

 

何かWith任意を破られた楓に、最早戦う術はなし。

さらば、元妻。

手切れ金だとか、慰謝料だとか、そんな台詞、ノンノンノン。

耕一はナウ・ロマンティック。

チッ、二人も相手していたから結構時間を食ったな。

まぁ、もう鶴来屋は目と鼻の先だ。焦る事もあるまいて。

鶴来屋の敷地内に入り、残すとこあと数百メートル!

 

パウッ!

 

ガガガガガガガガガッ!!

 

「うおっ!?」

 

凄まじい閃光と、衝撃波が俺を襲うっ!!

 

「・・・・・チクショー!頭脳戦艦かっ!!」

 

おのれっ!dB−SOFTッ!!←?

神業とも言える反射神経で上手くかわす!

 

『お兄ちゃん!いい加減もとに戻ってよっ!!』

 

ゴウンゴウン

 

突如舞い降りたヨークの来襲。

正直、こいつが一番厄介だ!

 

「ふん!今回は準備万端って感じだな?

 わざわざステルス迷彩機能発動でお目見えか!」

 

『流石に鶴来屋敷地内で堂々とドンパチなんて出来ないよ・・・・。』

 

「残念だったな。俺を止めたければ、最大火力で叩かないと無意味だぜ?」

 

『うぐぅ〜。』

 

「初音ちゃんよ〜、どうだい?俺様のラストGIGを手伝うってんなら

 ・・・・・・・・大人の付き合い考えてやってもいいぜ?」

 

『えっ!ホ、ホント!?お兄ちゃん!?』

 

「あぁ、警察に捕まらなければな。」

 

『・・・・・・・・。』

 

「どうしたんだい?ハニー?」

 

『・・・・やっぱりそれは出来ないよ・・・鶴来屋は、父さんの大事な・・・』

 

「けっ!?使えねー餓鬼ッ!俺のゲイジュツを理解出来ねーとはな!」

 

メキメキメキィ!

 

俺は身近にあった大木をよいしょと引っこ抜くと、

 

「ゼッケン13番、柏木耕一。ハイパーオリンピックいきま〜っす♪」

 

ドタドタドタ・・・・ブンッ!!

 

大木をヨークに向けて一直線に投げ付ける。

 

『わわっ!?緊急転送ッ!!』

 

グォン

 

撤退したヨークを尻目に、じりじりと鶴来屋ににじり寄るボク。

 

「さ、て、と・・・ラスボス登場って訳か。」

 

鶴来屋の庭園で仁王立ちしている女性。

・・・・柏木家のメシ炊きババァ・・・・。

 

「よぉ、耕一。」

 

「どけや、梓。今の俺には勝てねーぞ?」

 

「そうかもしれないけど、アンタの動きくらいは止めれる!」

 

「『粉砕する右手』か・・・・ようは掴まれなきゃいいんじゃねーか。」

 

「ぶっちゃけそうだけど、アンタに出来る?」

 

「ゲハハッ!正直言うと、キツイな。全く触れずになんてのは無理だわ。」

 

「アタシだって、アンタを傷つけたくなんかない。もう止めて・・・。」

 

「まるで、被害者のような言い方だなぁ〜。

 あ?コラ。被害者は俺だぞ?あまり笑わさないでくれや。」

 

「・・・・・・・その、今回は謝るよ。」

 

「あ?まさか今更俺のGIGを止めてくれなんて言ってくれるなよ?」

 

「こ、耕一・・・。」

 

「俺のこのほとばしる熱いパトスでYO〜!思い出を裏切るならYO〜!

 この空を抱いて輝くYO〜!俺様よ神話になれってんだYO〜!!」

 

「今のアンタは普通じゃないよ、アタシが元に戻さないと・・・。」

 

「気持ち良くヒロインになってんじゃねー!!ありがた迷惑じゃコラッ!!」

 

「・・・・・・愛の力は偉大だよもん。」

 

・・・・ダメだ、この女は。

 いいぜ・・・実はオメェには特別兵器を持ってきた。」

 

「・・・・特別兵器?」

 

俺はそう言うと、懐から数枚の紙切れを出した。

 

「・・・?なんなんだいそれ?」

 

「ゲッハハハハッ!!おめぇ〜の日記のコピーだよ!!

 さっき、ちょこっと柏木家に寄って、拝借してきたんだよ〜ん♪」

 

「・・・・・!!」 (カァァァ)

 

「耕一は見たっ!シリーズゥ〜。ある日、耕一くんは、梓ちゃんが

 夜こっそり自室で日記を書いていた事を知ってしまいました。

 パラリラパラリラ♪う〜ん、とっても読みた〜イッ!」

 

「ま・・・まさか・・・アンタ・・・!」 (わなわな)

 

「はい、小生、全部一気読みさせて頂きましたッ!」

 

「イ、イヤァァァーーーッ!!」

 

「いやぁ〜、なんっつーか、いいね〜♪若いっつーのは〜、うんうん。」

 

「あ、あんた・・・サイッテェ〜!!」

 

「7月4日、インディペンデンスデイ。耕一から電話があった。超うれしい・・・・

 

「こ、声に出して読むなぁぁーー!!!」

 

「ちなみに、今な。商店街の印刷屋があるだろ?」

 

「・・・・・!?ま、まさか・・・!?」

 

「うん。本体はそこ。オフセット印刷で頼んだから♪」

 

「わわわわわーーーーッ!!!」

 

全力疾走で走っていく梓。おたっしゃで〜♪

ゲハハハッ!俺って天才?

ほとばしる才能ってのは怖いねぇ〜!?

・・・・・さ・て・と♪

庭園を抜け、ついに鶴来屋にたどり着いた僕。 

う〜ん♪まず手始めにここの支柱からブチ壊そうかなぁ?

ヒタヒタ・・・・。

 

「・・・・ん?」

 

背後の木の陰から・・・・

全身ずぶ濡れで体に昆布が生えている女性がっ!?

 

「うおっ!?出たッ!妖怪コンブ女ぁ?」

 

「・・・・な訳ないでしょ。」

 

「あら、千鶴おねー様。随分と色っぽくなりましたね♪」

 

「ふふふ、仮にも柏木家家長ですよ♪これくらいの逆境はなんのその。」

 

「ふ〜ん。でもそこまでいくとなぁ〜、唯のシツコイ女だぜ?」

 

「ふふふ・・・耕一さん・・・・最終ラウンドじゃ虎羅ッ!!

 

とどめファイナルいっとこか?


(俺はスーパーウルトラセクスィーヒィ〜ロォ〜♪)