Make your own free website on Tripod.com

鬼兵般家長



DIE9話 いい旅、夢鬼行  ぷれせんつ・ばい 耕一

 



・・・・・・・・チュン・チュン。

 

「・・・・・・・・・・・。」

 

俺は現実逃避するかの如く、いつの間にか寝てしまっていたらしい。

目が覚めた俺は昨夜の惨劇を思い出し、

急いで着替えると、居間に向かった。

部屋を出て愕然としたが、屋敷のなかは

まるで台風ツイスターがピンポイントで通り過ぎたのかと

思ってしまうほど、見事に荒れ果てていたのだ。

居間に着くと既に朝食が並べられ、4姉妹が準備をしていた。

・・・・・・・・・・。

大体そこまでは、俺も知ってるはずの柏木家の朝だが、

今日はやはり朝から違和感がぬぐえない。

そりゃそうだろう。

4姉妹とも傷だらけなのだから。

居間の中央のテーブルで、食器を並べていた千鶴さんが俺に気付いたらしく

 

「あ・あら♪おはようございます・・・耕一さん。」

 

「あッ!お、おはよう。千鶴さん・・・・。」

 

「・・・?耕一さん、どうかしましたか?」

 

「い、いや。その・・・。目の下にアザが・・・。」

 

「えっ!?・・・あ・・・・あら、嫌だ。おほほほほ。

 

ふと向こうの渡り廊下を見ると、

楓ちゃんがもくもくとガラスの破片をホウキで集めていたが、

なぜか片方の足を引きずっている・・・・・。

 

奥から初音ちゃんが味噌汁の入った鍋をこちらに持って来た。

 

「あ・・・・お兄ちゃん・・・お、おはよう。」

 

「おはよう。初音ちゃん・・・。」

 

・・・・・初音ちゃん・・・・その・・・・・・・。

初音ちゃんは鼻にティッシュをつめていた。

・・・・多分、鼻血が出たのだろう。本人はとり忘れているに違いない。

あぁ・・・・なにか悲しくて見てられない光景だった。

すると奥の方から焼き魚がのった皿を手に持って来た梓が、

 

「初音・・・・・あんたティッシュつめたままだよ。」

 

「えっ!?うそっ!」

 

初音ちゃんは慌てて鼻を押さえ、

俺の顔をちらっと見て顔を真っ赤にすると、急いで居間を出て行ってしまった。

・・・・・・・・・まぁ、今更そんな事で恥ずかしがる事もないが。

 

「よぉ、耕一。今日は早起きだな。」

 

「おぉ、おはよう。あず・・・ッ!!

 

梓は左のほっぺたがギャグのように膨れ上がっていたので

思わず俺も驚いて・・・笑っていいのかどうか躊躇してしまった。

 

 

・・・・・・・・・・・・・・・。

 

「いただ鬼まぁ〜す。」

 

「・・・・・ゴチ。」

 

「いただくぜ。」

 

「アイ、ガティ。」

 

「い、いただきます。」

 

今日は一段とダークな雰囲気で、朝食が始まった。

前回俺が来たときは、みんな少なからず談笑しながら食事をしていたが

・・・・・昨日が昨日だけに、黙々と食べている。

俺は、まぁ別にどっちでもいいので、黙々と朝食を食べていた。

千鶴さんは時間を気にしているらしく、チラチラと時計を確認していた。

8時ちょいを過ぎると、ご飯も早々に切り上げ、席を立った。

 

「ごめん、梓、あと夜露死苦。」

 

「あぁ、逝ってらっしゃい。」

 

「あれ?千鶴さん、まだ仕事なの?」

 

「えぇ、28日からはお休みが頂けるんですが、

 今はまだちょっと忙しいので・・・・。耕一さんはゆっくりしてて下さい。」

 

千鶴さんはああ見えてもビジネスウーマンだ。

なにせ有名老舗温泉旅館の社長なのだから、なかなか思うようにお休みも頂けないのだろう。

急ぎ足で出社の支度をし、ファンデーションで顔のアザを強引に消すと

外で待機していたお迎えの車に乗って、行ってしまった。

 

「・・・・・・ああ見えても、千鶴さんはやっぱ社長なんだよなぁ〜。」

 

「あたし達はもう高校もお休みだけど、姉貴はそういう訳にはいかないからねぇ。」

 

「じゃあ、みんなもう片付けていいのかな?お兄ちゃんはおかわりは?」

 

「・・・・・・・結局、姉さんって、いつも鶴来屋で何してるの?」

 

「・・・・・・・・・・・・・。」←全員

 

 

朝食を頂いたあと、俺は姉妹から逃げるように町を散策しに出かけた。

もともとここは情緒溢れる温泉街で、山あり海ありの素薔薇しい観光名所なのだ。

さらに山の幸、海の幸にも恵まれ、そこらの定食屋でも中々のものが食える。

とは言ったものの、俺は柏木家で半強制的にメシを食わされるので、

まぁ、実際に食ったのは数える程度なんだけどね。

とりあえず、俺は温泉街をぶらぶらと歩いていた。

この町自体はとても魅力を感じるし、俺自身気に入っている。

問題は・・・・・あの4姉妹さえマトモな人間だったら良かったんだがなぁ・・・・・。

 

年末の用意だろうか?周囲は心なしか騒々しかった。

地元の子供も冬休みに入ったらしく、寒いのに路地裏を走り回っていた。

そんなのどかな光景を見ていたら、どこからともなく温泉の香りが鼻をくすぐる。

 

「う〜ん、いいねぇ・・・。やっぱ都会とは違って落ち着くよ。」

 

俺は御機嫌で缶コーヒーをすすりながらブラブラしていた。

・・・・・その時は、まだつけられている事に気付かぬまま・・・・・・。



(つづく)